目標を持って転職活動をしましょう

転職活動を頑張っているのに、中々次の仕事が見つからない人と、転職活動期間がそれ程長くないのに、すぐに転職できる人とがいます。年齢もスキルもあまり変わらないのに、転職活動に差が付くのは何故でしょう。

 

転職活動を成功させる秘訣は、仕事をしながら!

 

毎月の家賃や光熱費、食費などにかかる生活費のことを考えると、仕事をすっぱり辞めてから転職活動をするなんてことはできません。自己都合で仕事を辞めた場合は、失業保険の申請から実際に受給できるまでに3ヵ月も間が開きます。失業保険がもらえるからといって、受給期間に何もしない訳にはいきません。第一、失業保険は国民の税金なのですから、安易に失業保険を当てにしていては、いつまでもダラダラとした状態が続いてしまうだけです。

 

実際に失業保険を受給できたとしても、住民税や国民健康保険の支払いで消えてしまうことなどもあります。受給できるまでの間、海外旅行に行ってリフレッシュするなんてもってのほかです。時間は、あっという間に過ぎていき、ただ焦るばかりの毎日がやってきます。年末年始やお盆、ゴールデンウイークなどの時期は、転職活動をしたくても企業自体が休みなので、活動しようのない期間もあります。
長期化させないで、タイミングよく次の仕事に就くのが、本人にとって一番よいこととなります。

 

今の仕事を一刻も早く辞めたいと思っても我慢して、次の仕事を探しながら働き続けた方が、金銭的な不安に陥る心配がありません。もし、面接に受かっても、転職のタイミングを相談して迷惑がかからないように配慮してもらうこともできます。

 

何故転職したいのかきちんとした根拠がある

 

自分に自信を持っている人は、もっと待遇の良いところで働きたい、もっとスキルアップしたいなどの転職理由を持っている場合が殆どです。そして、今の仕事に対してどのような不満を持っているかを明確に言葉にすることができるかが転職活動では大きな意味を持っています。

 

配属先の仕事が自分の性格に合っていない、残業が多く断れない、昇給の見込みがないなど、仕事に対する不服は人によって様々な理由があります。また、転職したくないのに、リストラや会社の倒産などでやむを得ず転職活動をすることになった方もいることでしょう。いずれにしても、転職理由を明確にすることで自分の希望する方向が見えてきます。

 

人生は何度でもやり直せるといっても、年齢を重ねることで挑戦できる範囲が狭まってきます。現実的に自分が働ける場所を探すためには、仕事を辞める理由と何をしたいのかをはっきりさせておくべきです。

 

転職活動を成就できた人は、目標を持っている

 

誰でも早く次の仕事を見つけたい、新しい職場で安定した生活を送りたいと願うものです。しかし、そのような願望ではなく、転職先を見つける際に絶対に譲れない条件を明確にしておくことが重要です。

 

例えば、今までのスキルや資格を活かした仕事をしたいといった目標があれば、転職サイトの担当者も仕事を紹介しやすくなりますし、アドバイスもしやすくなります。
これだけは成就させたいという目標を持つことで、仕事を探す時にあれこれ目移りして迷うといったことがなくなって効率的に仕事を探すことができます。

 

切り捨てても良いことと譲れないことを理解している

 

転職する方の中には、給与よりも仕事の中身を重視している方もいることでしょう。希望の条件の仕事であれば、勤務地や給与が多少悪くても構わないといった条件がハッキリしている方の方が、仕事が見つかりやすいといえます。

 

転職活動では、複数社を視野に入れておく

 

この会社なら自分の希望に合っていると、思って面接先を1社に絞るのはあまり良い方策ではありません。自分では乗り気で面接を受けても、受かるかどうかは分からないものです。的を絞らずに、複数社にエントリーをした方が、面接に落ちても間を開けずにすぐに面接に挑むことができます。

 

また、複数社の面接を受けることによって、場慣れして面接のスキルが上がるというメリットもあります。緊張して、思ったような受け答えができなかったということがないように、面接慣れしておくこともポイントとなります。

 

それに、1次面接に通過しても2次面接、3次面接でどうなるかはわかりませんので、1社に絞らずに面接を受けに行った方が安心です。

 

普段の受け答えが功を奏します

 

当たり前のことかもかしれませんが、普段の言葉使いが悪いと、大切な場面での言葉使いがおざなりになってしまいます。また、怒っていなくても口角が下がり気味の方が、面接で笑顔を作って挨拶をすると、不自然な印象を与えてしまいます。自然に礼儀正しくすることができるだけで、堂々とした良い印象となります。

 

面接に来る人は、誰でも印象よく見られたいと思って振る舞っていることは、面接官は百も承知です。ですから、減点法で「目をあまり見ないで喋っていた」などといったマイナスとなるマナーは、面接時に不利となってしまいます。

 

また、トイレやエレベーターなどでも関係者がいるかもしれないと思って行動することが大切です。面接の帰り道にスマホで喋っている内容を、誰も聞いていないと思っていても、どこで誰が聞いているか分かりませんので、気を付けるべきです。

 

転職サイトだけでなく派遣会社やハローワークも視野に入れる

 

転職活動を成功させるためには、転職サイトだけでなく色々な求人サイトを活用することが重要です。ハローワークにしか出していない企業があるかもしれませんし、転職サイトにしか載せていない求人情報があるかもしれないからです。

 

転職サイトは、毎日見るよりもメールで新着情報をチェックして、気になる求人があったら即、エントリーするようにしておけば、余った時間を別の求人サイトのチェックや派遣会社の登録などに使うことができます。転職サイトや派遣会社の担当者を頼りにし過ぎて、気が付くと1ヵ月があっという間に過ぎていたということがないように、効率よく転職活動することが転職を成功させる秘訣となります。

 

非公開求人

転職サイトには、求人の一部しか載せていないと言われています。条件の良い仕事を見つけるには、登録をすることが重要ということです。ただ何となく転職サイトを眺めているだけでは時間の無駄となってしまいます。転職サイトに登録すると、突然の欠員や、若干名の募集などが良いタイミングで目の前に現れるようになる確率がぐんとアップします。

 

転職サイトで載せている情報は、全体の2割程度で残りは非公開求人と言われています。非公開求人は、成功報酬型となっている場合が多いのと、非公開にしておかないと成功報酬を得ることができないからなのです。はっきり言って、不動産サイトを見たと言って問い合わせをしてくるお客に対して、他にももっといい物件がありますよと、言って賃貸契約に持ち込むのと似たようなものです。

 

いずれにしても、転職サイトに登録した方が、サイトに載っているものよりも条件の良い仕事が見つかる確率が高くなることは事実です。それに、あまりスキルを持っていないからといった方でも、その人に合った仕事を担当者が親身になって紹介してくれるといったことも多々あります。担当者との相性や、その時担当者が何人担当しているかにもよるでしょうが、多少は心の支えになってくれます。

 

また、転職サイトに登録して、企業にエントリーする場合は、転職サイト側で提出する履歴書を用意してくれるので、一々自分で履歴書を作製する必要がありません。それに、面接の日時も担当者が行ってくれます。もし、面接に合格した場合は、仕事をしている人の転職タイミングも交渉してくれます。

 

転職サイトを利用しても駄目かもしれないと思ったら、思い切って派遣会社に登録するのも一つの手段として考えておきましょう。アルバイトを探すよりも割のいい仕事を見つけることができますし、長期雇用で安定的に働くこともできますので、派遣社員で働きながら次の仕事を探すという方法も視野に入れておくといいでしょう。

 

転職するための秘訣

転職するための秘訣は、どれも当たり前のことかもしれません。しかし、当たり前のことを続けるのは意外と難しいものなのです。転職活動は、長期化させないことが重要です。転職活動は、ネット環境があれば24時間活動することができます。しかし、いつでもできるからといって、ダラダラとしていると精神衛生上よくありません。面接を受けてみないと分からないことも沢山ありますので、失敗を恐れずにどんどんエントリーしてみましょう。転職したいという方は、まずは転職サイトを登録することから行動してみて下さい。

JACリクルートエージェントのおすすめポイント

JACリクルートエージェント

求人数 雇用形態
12,000件以上 正社員
運営会社 対応地域
(株)JAC Recruitment 全国
得意職種 おススメ度
外資系・海外 4つ星

転職活動を成就させる秘訣