キーワードは「複数のサイト登録」と「コンサルタント」選び

転職活動は長く厳しいものです。これまでやってきたこと、できることを選びながら次に勤める会社を選んでいかなくてはなりません。そうした時、自分を見つめなおし、準備を入念にしておかないと、ただ応募の数を稼いで結果が出ないという悪循環になります。そのために役立つのが転職サイトなのですが、選び方としてはただ転職サイトに登録して求人を探すのか、キャリアコンサルタントに入ってもらうところに登録するのかどちらが良いのかということについては、「どちらも登録」しておきましょうということになります。

 

使いやすさなども大事

転職サイトは各社ともに違った作りをしています。いきなり初心者が登録してもやっていけるのか、レジュメの作り方はわかりやすいか、企業の情報はどのような形で掲載されているか、探しやすいかといったことで選ぶのがよいでしょう。特に現在では各転職サイトともに、たとえばレジュメの作成方法ひとつ取っても直近のものから書くのか、古いものから書くのかということでも違いが出ますから、そのあたりも探すさいの基準にしておきましょう。

 

キャリアコンサルタントで選ぶ

キャリアコンサルタントが間に入ってくれて転職先を探す方法については、コンサルタントのクオリティがどれくらい高いのか、人柄や転職についての積極性はどうかなどの点から選ぶのがよいでしょう。コンサルタントも仕事でやっているのか、人物を見てくれて一緒に積極的に転職先を探そうとしてくれているのかといった「人」の部分で選ぶのが一番いいかもしれません。一緒に探しましょうと言っておいて、こちらの人物を見てくれないコンサルタントはおすすめできません。

 

求人の質はどうか

コンサルタントが間に入るタイプの転職サイトを使う時には、そのサイトがどんな求人を扱っていて、どれくらいのクオリティの求人を紹介してくれるかがカギです。自分の希望する条件はともかく、これまでの求人探しの状況をしっかり把握してもらい、その先を見てくれるコンサルタントがいてくれると、一番良いでしょう。相談はできても求人の質が低ければ応募しようと言う案件が少なくなってくるからです。

 

自己分析ももちろん大切

転職活動はコンサルタントが自分の助けとなってくれることは間違いありません。孤独に活動を進めるよりも、コンサルタントの方を通したり相談しながら進めていったほうが間違いが少ないからです。特に自分だけで活動をしていると、求人応募に関して臆病になってしまったり、間違っているのではないかといった判断の迷いが生じる時が多々あります。そんな時に助けてくれる存在として、コンサルタントを頼るのはもちろんいいのですが、自己分析を100%行い、「軸」をしっかり持っておくことが何よりも大切なのです。

 

転職サイトのりようは相談と軸が半々が良い

転職に関してはサイト利用とコンサルタント利用、そして自己分析という3つの軸を中心に行っていくと早めに決まる可能性が高くなることでしょう。間違いが起こりやすいのが、コンサルタントを利用しているから大丈夫だと安心しきってしまうことです。ここが分かれ目なのですが、「のんびり」してはいけませんが、「余裕」を持って活動することは大事です。このバランスを崩さないためにも、自分だけの活動だけではなく、コンサルタントを入れて相談をしたり、活動に関しての気合入れをしてもらったりしていくと、きっと希望通りの職が決まる可能性が高くなるでしょう。

JACリクルートエージェントのおすすめポイント

JACリクルートエージェント

求人数 雇用形態
12,000件以上 正社員
運営会社 対応地域
(株)JAC Recruitment 全国
得意職種 おススメ度
外資系・海外 4つ星

転職をするときに気をつけておくことは?