転職活動で行き詰ったときに行うべきこととは?

転職活動を行っても仕事が見つからないことに対しての心配等は、どのように対応していけばよいのか?

 

転職活動を行っていく中で、仕事が見つからないとなると、どうしても心配事等は出てくるかと思われます。
例えば、自分は実際に転職ができるのだろうか?いつまで続けることになるのだろう?といったものが挙げられるでしょう。
転職と一言で言っても、現在の会社に勤めている間に決まる場合や現在の会社を退職後にするといった2通りのパターンが考えられます。
心配ごとが尽きないのは特に後者の場合でしょう。

 

しかし、このように心配事を抱えながら転職の面接を受け続けても、逆にマイナスとなり、仕事が見つからない、もしくは自分が気に入らないながらも受け入れてしまうことで、数か月で退職してしまうことも考えられるのです。
今回はこのことに関連して、転職活動を行っていく際に出てくる心配事等はどのように解消すればよいのか?また、仕事が長期間見つからない場合にやるべきことについてのお話をしていきます。

 

転職活動を行いつつも、長期間仕事が見つからないことで心配事が出てくる理由とは?

転職活動を行っていながら、仕事が見つからないとなれば、どんな人でも心配になるのは当然です。
ですが、このように心配になってしまう理由はどこにあると思いますか?

 

・貯金がなくなりそうである、失業保険が切れそうである
現在の会社を退職してからの転職活動となれば、その間のお金は貯金や失業保険から出ているものであることが多いでしょう。
ところが最初はそれで良かったものの、長期間転職活動を続けているとなれば、貯金も減り、失業保険が切れるということも考えなければなりませんから、このことで心配事が尽きなくなるのはごく自然なことなのです。

 

・極力短期間のうちに現在の仕事を変わりたい
転職される方の理由としては、現在の会社に対して何らかの不平によるものといったことが多々あるようです。
また、次の職場が決定してから現在の仕事を辞めようと考えた場合もそれが決定するまでは、現在の会社で勤務し続けることとなるので、次の職場が長期間決まらないとなれば、その間現在の仕事も辞められなくなることから心配事が増えてしまっても仕方ありません。

 

・実際に転職することになるのかどうか心配になる
複数の会社を受けつつも、面接不合格となれば、自分はもう転職は無理ではないか?という心配事が出てきます。
さらに、真面目な方なら、自身の能力に問題がある、本当に人材が欲しいのだろうか?といったように、今後の転職活動に対しての自信ややる気を失くしてしまう方も珍しくないようです。

 

仕事が見つからない際に出てくる心配事等はどう解消すればよいのか?

転職活動を行う上での心配事等は、他の場合と比べても度合が大きいかと思われます。
そのため、そのような状況から少しでも早く脱したいために、自分が志望していない会社へ入社をしてしまったのでは早期に辞めてしまうことも十分考えられるのです。
できればこのようなことは避けたいですが、万が一、心配事の原因がお金であるのなら、ある程度の妥協は必要になってきます。
ですが、お金に関しては問題がなく、現在の仕事をしながら転職の面接を受けている方は、妥協する必要はないかと思うのです。
そして、このような方が転職活動を継続していくためには、余計な心配事等があったのでは上手くいきません。
次にこのような心配事をなくしていくための方法についてお話していきます。

 

・転職に関連した統計的なデータを理解する
転職活動を行っていく中で、何社で不合格となれば心配が大きくなるということは、人によって変わってくるものです。
2つ、3つの会社で落とされることで、心配が大きくなる人もいらっしゃいますが、大体はその数が2桁となると心配が大きくなると言われます。
ところが、転職に成功した人の話では、実際にはまだまだ多くの会社を受けているようです。

 

某転職サイトによれば、登録者全体で応募した会社の数を平均すると20.45となり、さらに年齢が上がるに連れてその数は増え、41歳以降では23.96になるとされています。
よって、例えば受けた会社が2桁になったとしても、転職活動の観点からすれば一般的な数なのです。
また、上記では平均が20.45という数字を挙げましたが、大手の会社となればその数はもっと多くなることも十分考えられます。
ですから、10社ぐらい受けて受からないからといって、過剰に心配になる必要はないのです。

 

・現在仕事をしているのであれば、いつまでという制約はない
現在会社に勤めていないのであれば、お金の問題もあることからある程度の期間内で転職を決めなければいけませんが、そうでない場合は、いつまでも転職活動が行えますので、ある意味気持ちとしてはとても落ち着いたものでしょう。

 

さらに言えば、新卒での入社を希望している方も期間が定められていて、万が一、失敗してしまった場合は新卒ではなく既卒者の立場で仕事を探す、場合によっては、あえて新卒としての仕事探しを断念してしまう方もいらっしゃるのです。
このような場合と比較しても、仕事をしている中での転職活動というものはとても落ち着いたものだということが分かります。

 

・現在までの活動を見直してみる
転職活動を行っても仕事がなかなか見つからない理由や不合格となる理由に関しては、心配事が大きくなる前はそれほど考えることはせず、数多く受けることを優先してしまうものです。
ですが、転職活動を行う上では、その活動を見直してみることが重要と言えます。心配事が大きくなったその時がこれを潮時と言えるでしょう。
例えば履歴書や職務経歴書の見直しの際には、これら書類のどこに改善すべき箇所があるのか?または、これらの書類に書かれていることに対して、面接でどんな発言をすべきだったのか?等を中心に見直しを行うことで、不合格となった原因が見えてきます。
これが見えることで、次回の面接時の心配事が小さくなるのです。

 

次回以降の面接までにしておくこと

転職を成功させるには受ける会社の数を多くすることも重要ではありますが、中身が伴っていなければいくつ受けても同じです。
では、転職活動を行っていく中で心配事が大きくなってしまった際にはどんなことを行っていくべきなのか?ということについてお話していきます。

 

・なぜ不合格になったのかを考察する
以前もお話した通り、不合格となった理由を考察することは重要であるので、これを行うことから始めてください。
すると、自分の技術が足りないということや経験そのものが足りない、あるいは志望動機が悪かった等、いろいろ出てくることでしょうし、当然、理由が思い浮かばないことも考えられます。
ただ、転職活動というものは、他の人も存在するうえでの活動ですので、自分より優れた人がいる場合はそちらの方が優先されてしまうのです。
とはいえ、不合格となった理由を考察しないことには、転職活動は上手くいかないでしょう。

 

・他の人からの意見も参考にする

 

転職活動は結局は自分自身で行っていくものであり、他の人から意見をいただくというのは難しいものですが、現在は転職に関するウェブサイト等も数多く存在し、意見も受けやすくなっていますので、自ら進んで利用していってほしいのです。
既に利用を開始している場合は、違うサイトを使うというのも一つの手と言えます。
他の人の意見は大変に貴重なものですので、転職に行き詰った際には誰かに相談を受けてもらう、意見を頂くといったことを意識し、それを参考に自らの価値を上げていってください。

 

・会社の選択の方法を変えてみる

 

あなたは受験する会社を選択する際、どんなことに重点を置いているでしょうか?
仕事がなかなか見つからないという方には、高望みし過ぎているということも多々あるようです。
転職するに至った動機や自分が拘り続けたいこと、逆に目をつぶってもよいこと、これについて考えつつ受験する会社を選択していくとよいかと思われます。

 

・その気になって面接を受ける
仕事が見つからないことで、心配事が大きくなっている方のほとんどは、実際にはそうではないのに、強い意志を持って面接を受けている気になっている方もいらっしゃるでしょう。
ですが、今一度自分自身を問い詰めてみてほしいのです。
新卒の時期に仕事を探していた方の中には、100以上の会社を受験したという方も当然います。
さらに、自分に関する分析も怠ることなく行い、会社説明会も自ら進んで参加しているのです。
ところが、転職の際にはこのようなことが行われていないのが実情であります。
数多く受けることがすべてではないものの、強い意志を持つことは大切です。
ただ、現在仕事をしている人はこれがなかなか難しく、提出する書類も手を抜いてしまう、あるいは面接対策を行うのも難しいことが多いでしょう。
それでも、とりあえずは強い意志を持ちつつ面接を受けることを意識してみてください。

 

・利用する転職関連のウェブサイトを多くしてみる
現在利用しているサイトの数をさらに多くすることも重要かと思うのです。それは、個々の転職サイトで取り扱われている会社も異なりますし、場所によってはスカウトされることも考えられるからです。
転職ではこのように機会を逃さないことも重要となってきます。
この他にも転職サイトには、現在の自分自身の評価、自分の適職、転職活動を行っている方へ向けられた情報も閲覧できることから、これほどありがたいサイトはないでしょう。
また、転職関連のウェブサイトの選択の際には、取り扱われている求人の数や匿名でスカウトが受けるための方法、ウェブサイト自体の使いやすさ等を参考にされるとよいかもしれません。
そして、このようなサイトは転職を希望される方の他にも、現在の自分の年収は妥当であるのか?現在の自分の価値を把握したい場合にも十分使えるサイトとなっています。

 

転職の面接を受ける際の心配事に関する総括

転職活動で行き詰まり、そのことで非常に心配になるというのは誰にでもあることで、その数も多いのです。
大事なのはそのような心境になったところで、諦めて志望していない会社へ入社するか、もしくは活動を見直して次につなげるかによって、活動の成否が違ってくるでしょう。
心配事が大きくなってしまったその時が逆に良い機会と捉え、そこから良い方向へ向かっていくよう努力をしていくべきなのです。

JACリクルートエージェントのおすすめポイント

JACリクルートエージェント

求人数 雇用形態
12,000件以上 正社員
運営会社 対応地域
(株)JAC Recruitment 全国
得意職種 おススメ度
外資系・海外 4つ星

転職活動を行っていく中で心配事が大きくなる理由とは?